書評日記

本の感想をつらつらと書き連ねる日記です。

屋根でもうける太陽光発電

without comments

屋根でもうける太陽光発電 (経営者新書)

我が家では先日太陽光発電パネルの設置を決めました。そのときにネットの情報だけではなく本も何冊か読んだのですが特に役に立ったのが高瀬和明さんの「屋根でもうける太陽光発電」です。

タイトルからは軽い感じのイメージを受けるかもしれませんが内容はとてもわかりやすく一般人が太陽光発電を導入するために知っておくべきことが丁寧に網羅されています。

ちなみに高瀬さんは昭和シェルグループの日天株式会社で社長をしていらした方で、日本の住宅用太陽光発電を熟知しています。

太陽光発電を検討している人はタイナビなどで見積りをとると思いますが、業者の方と話をするときにもこの本から得られる知識があればスムーズに話し合いが進むと思います。新書なのでそれほど読了までに時間がかからないと思いますでこれから太陽光発電を検討している人は読んでおいた方がいいでしょう。

Written by core

4月 13th, 2014 at 10:29 am

柔道の教科書

without comments

柔道の教科書―いちばんわかりやすい!

※本書には事件を起こした内柴正人被告も著者として名を連ねておりDVDにも出演しています。不快な方は購入しない方がいいでしょう。

柔道の教科書は、木村昌彦・斉藤仁・篠原信一・田中力・鈴木桂治(敬称略)という錚々たる顔ぶれが柔道の基本から解説した本。しかも1,575円の価格ながら収録時間130分のDVDまで付いてきます。

内容はとてもわかりやすく初心者でも取り組みやすいです。技の実演に加え、何に気をつければ上達が早いのかも丁寧に解説されています。柔道の指南本は他にもいろいろとありますが、スタンダートになりそうな一冊です。

ただし個人的な感想ですが小中学生くらいの年齢の子供のために購入を検討するなら柔道上達革命というDVDの方がいいかもしれません。最初から成長期の子供に柔道を教えることを前提に作られているので、より子供目線でわかりやすいと感じました。

 

 

 

Written by core

11月 17th, 2013 at 3:23 pm

Posted in 教育

Tagged with